Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

阪神間での宝くじ toto販売 ドリームオン

大阪の宝くじ、toto販売 有限会社 中尾商店


RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

RPGツクール 2000 で制作したフリーゲームの作成日記とフリー素材集

qrcode

RPGツクール2000 無料 素材 と作成日記

RPG ツクール 2000 でつくるフリーゲームの制作日記、及び、素材配布をしています。

尚、ワインの記事も残してはおきます。
各種ダウンロードされる方は、必ず、利用規約をご一読後、ダウンロードを行ってください。
<< サブイベント 〜エルフの集落4〜 | main | β版のエンディング その1 >>
パラレルワールドでのエピローグ
大神魔王の間

パラレルワールドでのエピローグ

今日はパラレルワールドでのエピローグの話です。
紅の魔女β版の終了間近で、プレイヤーが大きな選択をします。騎士として国家に仕えるのか、それとも、冒険者として生きるのか。無論、これだけだとストーリー的には前者を選ぶのが正解と思えるようにしてあるのですが、友人の一人がなれない冒険者として旅立たねばならず、彼の代わりに自分が騎士となることを諦めて冒険者としてそちらにむかうべきか? という話が出ているので、少し考えるかもしれません。(この辺は、ストーリー上の色々なイベントの相当数を説明しないとわかりにくいでしょうが。)

さて。最初は騎士になった場合と冒険者を続けた場合、両方のストーリーを作る予定でした。もっとも本線の騎士になった場合を最初に作り、パラレルワールドの話は、その後の予定でした。
しかし、スイッチの数が足りなくなりつつあるので、諦めざる得ませんでした。最初から紅の魔女のような大作を作り始めたため、変数で管理すべきところまでスイッチを使っていたのが大きな原因なのですが。(†)

で、パラレルワールドを選んだ方には、その後、主人公がどのような道を歩んでいくかだけを示しています。思いもしない道に進んだ主人公が、最後に訪れるのが、上の画像にある大神魔王の間です。(本来のストーリーでも最後はそこになりますが)
そして、そこに待ち構えていたのは、今まで何度か出てきて、圧倒的な力を見せ付けた人物でした。
まず、主人公と同行していたメンバーが彼と対峙します。このメンバーも相当な実力者ですが、到底適いません。そして主人公と、とある女性が彼と対峙します。そこでSINFONIA紅の魔女の確信に触れることができるのですが、そこはネタバレになるので、ここには書きません。
この戦いの後、主人公は生き残ります。そして、紅の魔女完成後に作る予定の大神魔王の世界へと物語りは続いていきます。

β版の配布が始まれば、是非、このパラレルワールドのエピローグも見ていただきたいところです。尚、選択する前にセーブをしておけば、引き続き、本線でプレイできますので。

今週はβ版エンディング以降の続きの制作。新しい仲間二人を仲間にするためのダンジョンを完成させました。
来週からは、新しいメンバーが勢ぞろいした後の冒険を作り始めます。まずは、それぞれのメンバーをレベルアップさせるため、いくつか同時にどれでも遊べるイベントダンジョンをいくつか用意する予定です。
また、最初メンバーだったか、メンバーの候補だったキャラクターのその後の人生も描いていきたいので、当分、ネタが尽きることはなさそうです。

β版の配布ですが、もう少し、ずれ込みそうです。じつは自宅をリフォームしなければならず、そのための片付け作業を行わねばなりませんので、テストプレイがあまり進みそうにありません。なんとか、秋口には出したいのですけど・・・・。
来週はβ版のラストを飾るストーリー上の話を掲載予定です。



†:イベントの進行度によってセリフなどを変える場合、そのイベントの変数を処理することで、たいてい管理出来ます。スイッチはON,OFFだけですが、変数は代入、加算、減産が可能ですので。
 尚、コモンイベントを自動的や並列処理で動かすときの発動条件としては、スイッチだけしか使えませんし、呪文やアイテム使用による特殊イベントや、バトルイベントでのモンスターの特殊条件もスイッチだけしか使えないようです。
 これからツクールでゲームをつくろうと言う方は、変数の処理を覚えておくと、私のように後でスイッチが足りない!と嘆くことは減ると思います。
| RPGツクール 2000 制作日記 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://wine.sinfonia-wld.com/trackback/1148449