Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

阪神間での宝くじ toto販売 ドリームオン

大阪の宝くじ、toto販売 有限会社 中尾商店


RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

RPGツクール 2000 で制作したフリーゲームの作成日記とフリー素材集

qrcode

RPGツクール2000 無料 素材 と作成日記

RPG ツクール 2000 でつくるフリーゲームの制作日記、及び、素材配布をしています。

尚、ワインの記事も残してはおきます。
各種ダウンロードされる方は、必ず、利用規約をご一読後、ダウンロードを行ってください。
<< サブイベント 〜エルフの集落1〜 | main | サブイベント 〜エルフの集落3〜 >>
サブイベント 〜エルフの集落2〜
エルフの集落 その2

サブイベント 〜エルフの集落2〜

先週の続きです。
二番目のエルフの集落は、国のかけた税に苦しんでいます。有力な精霊使いの居ないこの村には、魔術ギルドから支給される協力金がなく、また回りの森を積極的に開発したくないというエルフ本来の意思を優先するため、補助金が下りないからです。
所謂、所得税に値するものは累進化税制ですが、エルフ一人に対しかかる人頭税は固定額なので、これを支払うのに困窮しており、集落長が私財をなげうって賄っている状況です。

この集落に入ると、当然、歓迎されません。見張りのエルフに見つかると、彼は警報を発し、民家はすべて戸締りしてしまいます。しかたなく集落長の家に行くと、来客中とやらで待合室でまたされます。
そこで、とある計画を知ることになるのですが・・・・。ここはプレイして、それを見てください。

さて、税の徴収ですが、ここも一応きちんと収めており、収めていない集落ではありません。
集落長から、色々ないきさつを聞き、この集落が発展するためには何か特産品を作ればと主人公がアドバイスし、集落長も主人公に協力を要請します。
この話は、後日のサブイベントで用いる予定です。
色々な話を聞いた後、集落長からもう一つある集落について聞き、そこに向かうことになります。しかし、その集落は周りの森を迷いの森にしているとか・・・。続きは来週になります。

さて、現在の制作状況ですが、β版の終了ポイントまでは完成、ただいま、テストプレイ中で、α版と言えるものを知り合いに配り、同じくテストプレイしてもらっています。
なんとか、9月末日くらいには配布を始めたいのですが。
今は、β版終了以降、新しい仲間を集めるイベントを制作中。新しい仲間は、一人を除き(β版終了までに、二人のうちどちらになるかイベントで決まりますが、殆どの場合はスカウトになり、最初のパーティーでとある人物を入れており、かつ二つのイベントをクリアしたときのみ、剣闘士が仲間になります)、固定メンバーになるので、色々、ダンジョンなどで使える呪文を増やしています。

ソーサラーの上位クラス、ウィザードにはデテクトマジック、リードランゲージなどがあり、これでたとえばワープのトラップの場所を確認したり、読めない古代文字などを読んだりすることが出来るようになります。
正直(とくにデテクトマジック)を使わないとクリアできそうにも無い難しいダンジョンも作ることができるので、楽しみではあります。
(こういうアイデアは、TRPGをプレイしていた時代にたくさん作ってありますので)

おそらく、殆どの方が仲間にするであろうスカウトが居る場合は、さらに普通のトラップを見破るデテクトデンンジャーなどもありますが、こちらは剣闘士が仲間の場合がありますので、その場合のことも考慮に入れながら作るつもりです。

一方、こちらも絶対に仲間になるプリーストですが、今、入れようかどうか迷っているのが、ターンアンデッドです。レベルに応じ、アンデッドモンスターを無条件で退散させる技ですが、
一つ一つのモンスター(アンデッドのみ)にバトルイベントを設定しなければならず、また、アンデッドと他のモンスターが混在しているときの問題もあり、今のところどう処理するか思案中です。
単純に、属性不死に対して効果のある魔法にすることも考えていますが、
すでに不死はつくってあるので、新しく、アンデッドなどという属性を作り、アンデッドのみ効果A、他はEとすることで対応するかもしれません。
(それでも、今まで作った全、モンスターの効果をCからEに変更しないといけません)
以上から、これは断念する可能性もあります。
ただ、イベントバトルでは使えるようにするかもしれません。

最後に、ロリポブログがシステム変更とやらで、移転しなければいけないかもしれませんが、移行ツールが出るらしいので、それに期待します。
より多数のアクセスのあるグルメレシピでいきなり移行の実験は出来ないので、こちらで先に行います。よって、その場合、少しお休みすることになりますこと、ご了承下さい。(って、特に楽しみにみている人が居るとも思えないのですけど。)

| RPGツクール 2000 制作日記 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://wine.sinfonia-wld.com/trackback/1140278